2009年05月10日

ひのえね

ふわりと気を失ったあと目をさましたら
季節はこんなことに。
むこうでお湯を沸かしていたひとがとてもいい顔をした。

R0010676.jpg

定点観測をはじめる。
次回は1年と1日後。


ばかみたくあかるいひとと暮らす春 ささいなことはささいなことだ





posted by tannkaffe at 10:25| Comment(45) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

きのとい

めだたないキズいくつもの
きみみたくいつか消えると信じています



乗っている飛行機は別にもう落ちなくていいよ、と思えるようになった。
それとひきかえに流れてくるメロディーを音符にすることができなくなった。
フラットとシャープの区別だとかそういうものがとにかくあいまいで、
漂うものすべてがふにゃふにゃしている。
同時に、指ももうちっとも動いてはくれないので、
吹くことも弾くこととも不可能なからだになってしまった。
だからいまはこの声だけが頼り。
耳さえあればふにゃふにゃは音声として変換できる。うん、まだできるんだよ。

きみがうたっていたこのおかしなメロディーもわたしが変換してあげよう。
ほそーく、ながーく歌ってゆけば、
知らないだれかのはなうたとなり、いつかきみの耳にも届くでしょう。
どうかそのときはふりむいて。そうすればわたしは勝てる。
posted by tannkaffe at 02:25| Comment(2) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

きのえいぬ

上質な血が流れているのでしょうね あなたがいると木々が死なない


何年か前に拾ったおとこのひとが植えていったブルーベリーの木。
今年もまた実をつけて、そのたびにやはりどうしてもそのひとのことは思い出す。
呪いのようだな、木々はまるで呪いのようだ。
ただだまってそこにいて、ただだまって実なんかつけて。

噛み締めた小さな粒は驚くほど甘い。
こうやってわたしの血液はどんどん違うものになってゆくのだろう。
ゆっくりと時間をかけて知らず知らずのうちに、違う誰かになってゆくのだ。

嫌だな、と思いながらも気がつけばまたサンダルを履いていて、
色の濃い、毒でも入っていそうな実を探している。


posted by tannkaffe at 00:47| Comment(0) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

みずのととり

おだやかで出てくる人みなあたたかい本へ戻したいちまいの羽根


そうするとその世界でふたたびもとの姿に戻ることができるんだって、
その羽根の子。
あくまできいた話だけれど。

それにしても、また部屋の様子が違う気がする。
posted by tannkaffe at 03:01| Comment(0) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

みずのえさる

羽根を売るようになって久しい。
クリスマスの時分になると天使たちが羽根の修繕やら新調に押し寄せてめまぐるしい。
それぞれの背中の寸法と体重に合わせた羽根を拵えるのである。

めずらしい来客があった。
くたびれた風体をした白鳥座である。
「どうもうまく飛べないのです。ときどき羽根がすぅと消えてしまうのです」白鳥座は云う。
ずいぶんと小さく汚れてしまった羽根をくるりと背を向けて私に見せてくれる。
まばたきかと思ったが、実際に二秒か三秒ほどであるがすぅと消える。
白鳥座の肩の寸法を測ってやり羽根の欠陥を修繕してやる。
およそ治せない羽根はない。もう消えることはあるまい。
中空に君臨している白鳥座を金曜は天使たちと見上げている。
私はつぎつぎとやってくる天使たちのために新しい羽根を拵えて修繕を施すのである。
posted by tannkaffe at 12:28| Comment(0) | 火曜*日菜清司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

かのとひつじ

太腿は雫のためにあるようで拭うのをいまもためらっている
posted by tannkaffe at 15:49| Comment(0) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

かのえうま

3週に渡って火曜から派遣された彼のガールフレンドたちとあそぶ。

1週目の子はだれかに似ていると思ったらしずかちゃん。
2週目の子はだれかに似ていると思ったらジャイ子。
3週目の子はだれかに似ていると思ったら自分でした。ドッペルゲンガー。

しずちゃんはやっぱりワンピースを着ていて、
なんて清楚で清潔そうなんだろうとうっとしりた。
そして、うちにあったという高級そうな林檎を3つほどくれた。
あまりにも美しい林檎だったのでしばらく窓辺に飾っておいたのだけれど、
そうこうしているうちに冬がやってきたので、ジャムにすることにした。
ラム酒につけておいた無花果と一緒に煮て、仕上げにシナモンをふったら
それだけできちんと冬の味がしてヨーグルトにまぜてぐんぐんたべています。

ジャイ子は非常にジャイ子なので当然漫画を描いていた。
よければ、と自費出版したという一冊をくれた。
ペンネームはクリスチーネではなかったのでそこはどうしてもがっかりしたのだけれど、
幸せな場面にはいつもおいしそうなたべものがある漫画だった。
しかもハイジのチーズをのせたパン、あのくらいの幸福感がそこには描かれていたので
それだけでわたしはクリスチーネを好きになり、
その後メールのやりとしをしている。 

ドッペルゲンガーは自分で撮った写真で作ったというポストカードをくれた。
選ぶカメラも、色も、配置もわたしがいかにもしそうな感じ。
といってもいまのわたしはこんなだから、そう、何年か前のわたしがしそうな感じ。
しそうでしたくてやってみた、でも結構よくあるよね、こういうの。みたいな。わかるかな。
だから、結局そのときの言葉はありがとうとしかいえなかった。
もっとなにか言って欲しそうな顔をしていたけれど。
会話もね、余計なことはあんまりいわないでおこうと思ったのでちょっと無言の時間が多かった。
多すぎた、かも。まあ、いいんだけれど。

そしてなんとなくもらった瞬間からそのポストカードはすぐに使ってしまおうと思ったので、
彼女と別れたあとこうして書いているわけです。
彼女ならきっとこの白い部分、余白を活かしてそれとなくなんとなくさらっと感覚的な短いことばでまとめてしまいそう。
だからあえてわたしはこうして写真の部分までつぶす勢いでぎゅうぎゅうに文字を書いている。


リモコンは女の子たちのゆめつぶすようなことしないように壊した


posted by tannkaffe at 23:36| Comment(10) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

つちのとみ

咳をする。止まらない。
唾液やら火の粉やらが拳に付着して難儀する。
金曜への短歌を何度も推敲している。うまくいかない。
なおも咳は止まらない。
口から白い塊が、ふ、と飛ぶ。
ふ、ふ、ふ、と生きているように次々と口中から出ていく。
慌ててそれを飲もうにも形が違って元に戻らない。
舌に載せてでろでろと形を整えてみた。


火曜日に捨てて金曜日に拾う いびつな下句らしいたましい
posted by tannkaffe at 12:44| Comment(0) | 火曜*日菜清司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

つちのえたつ

ひとさまの記憶を箸でつまんでも金木犀はゆるしてくれた


高架下の居酒屋、
待ち合わせして、一杯飲んで、うたうたいながら手をつなぎながら帰る。
はじめてそれをしたときなんか夢がかなったと思った。
わたしの住んでいた町ではかいだことのないあまいあまい匂いがしていた。
金木犀だよ、ととなりにいたひとが教えてくれた。

待ち合わせ、遅れてくることも多いから、
いつのまにか待たずにひとりで入るようになって、
いつのまにかひとりでも行けるようになって、
むしろもうふつうに帰りにおなかすいたときには寄る。

ビール、やきとり(とり・ぶた)、ぎんなん、とうふ、
やさいの炒めたやつ、などをたいていたのんでさくっとたべてのむ。
吊るしてあるテレビなんかを見上げながら。

平気。
そのあたりも含め夢だったから。
posted by tannkaffe at 03:22| Comment(0) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

ひのとう

きょうたべたこむぎは青の味がしておいしくいただくコバルトブルー

声が出ない。
ささやきにもならない。
まくらもとに置いてあった、透明な、
カンロ飴に似たようなふしぎな味のするのど飴を
てきとうに放り込んでふたたびふとんにもぐる。
なにかを忘れたふりをする。
この時間、太陽の光を浴びながら
こうして毛布に包まっているひとはどれくらいいるのかな。
posted by tannkaffe at 04:28| Comment(0) | 金曜*緒川景子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。